部分日食の全国観測時間予想!ピンホールカメラの簡単な作り方も

2016年3月9日に、日本全国で部分日食があります。

今回の部分日食は、ほぼ日本全国どこにいても観測ができるという、かなり珍しい部分日食です。

部分日食は皆既日食とは違い、かなりの頻度で観測できますが、観測できる地域が限定される場合がありますので、今回は全国で観測できるよいチャンスでしょう。

そこで今回はこのチャンスに部分日食を見るために、部分日食の全国観測時間予想や、安全に観測できる方法のご紹介、そしてピンホールカメラの簡単な作り方などを、見ていきましょう。

スポンサーリンク

3月9日の部分日食の全国観測時間予想

まずは日食はどのようにして起きるのかの説明です。

日食とは、月が太陽の前を横切るために、月によって太陽の一部或いは全部が隠されて起きる現象です。

太陽の隠され方によって、部分食、皆既食、金環食の3つがあります。

部分日食は太陽の一部だけが、月によって隠されるもので、皆既日食は太陽の全てが、月によって隠されるものです。
soe02a65出典:http://www.ne.jp/asahi/suzuki/zubu/gallery/soe02a/soe02a.htm

金環食は、太陽の方が月より大きく見える場合起きるもので、月の回りから太陽がはみ出して見え、金の環のように見えることから、金環食と名付けられています。

以下は3月9日の主な地点の部分日食の予報です。

①地名、②食の始め、③食の最大、④食分、⑤面積比、⑥食の終わりの順で表示しています。

①那覇 ②09時29分01秒 ③10時29分19秒 ④0.335 ⑤0.223 ⑥11時33分55秒

①福岡 ②09時56分48秒 ③10時45分59秒 ④0.203 ⑤0.107 ⑥11時37分02秒

①京都 ②10時06分25秒 ③10時59分13秒 ④0.228 ⑤0.128 ⑥11時53分14秒

①東京 ②10時12分11秒 ③11時08分27秒 ④0.259 ⑤0.154 ⑥12時05分21秒

①仙台 ②10時21分46秒 ③11時13分20秒 ④0.218 ⑤0.119 ⑥12時05分10秒

①札幌 ②10時38分51秒 ③11時18分12秒 ④0.128 ⑤0.054 ⑥11時57分35秒

食分とは、月によって覆われた太陽の直径の度合いです。面積比とは、月によって覆われた太陽の面積の度合いです。

この二つは南へゆく程数値が大きくなり、インドネシアなどでは皆既日食を見ることができます。

尚、次回の皆既日食・金環日食は以下のような予定になっています。

2030年6月1日 金環日食 北海道
大分先のことですね。

また、次回の部分日食はこのような予定です。

2019年1月6日 日本全国 中規模
2019年12月26日 日本全国 中規模
2020年60月21日 日本全国 大規模
2023年4月20日 九州・四国地方 小規模

こちらは3年後ですね。
今回を見逃すとしばらく見られませんのでぜひ見てみましょう。

日食の安全な観測の仕方

続いて部分日食の安全な観測の仕方について。
太陽は満月の約46万倍という非常に明るさの強い天体です。

肉眼で直接太陽を見るのは非常に危険で、短時間でも目を痛める恐れがあります。

部分日食のように、太陽の一部が月によって隠されていても、太陽の光や熱が強いことに変わりはありません。

太陽光には可視光線域の光りの他に、紫外線や赤外線などが含まれています。

紫外線や赤外線は可視光線域外であるため、
直接見ても眩しく感じたりしませんが目には非常に有害です。

観察は安全な方法でしないと、最悪の場合失明したりします。

まず、絶対にやってはいけないことです。

・肉眼で直接太陽を見る(たとえ数秒でも危険です)
・望遠鏡や双眼鏡を使う
・色つき下敷きやCDを使う
・フィルムの切れ端を使う
・すすを付けたガラス板で見る
・サングラスやゴーグルを使う
・日食グラスを使って望遠鏡や双眼鏡を見る

但し、上の中でも、専門家によって適切な減光を施された双眼鏡や望遠鏡は、日食観測に使用できます。

又、特に日食観測用として発売されている、下敷きやフィルムは、日食観測に使用することができます。

それでは、部分日食を安全に観察するには、どうしたらよいのでしょうか。

■ピンホールを利用する

これが一番簡単で確実な方法です。

厚紙などに小さな穴を開けたものを、太陽光にかざすと下にできる影は、日食の太陽の形になります。

これが、ピンホールカメラの原理ですが、直接太陽を見ないので安全に観察できます。

又、麦わら帽子や公園の木の木漏れ日など、細かい隙間があるものも、同様に使えます。

■日食専用のグラスや遮光板を使う

日食「専用」のサングラスや遮光板を使えば、安全に日食を観測できます。

通常のサングラスは、一見濃い色に見えても、太陽の熱や光を通してしまうので、大変危険です。

■日食観察専用の機器を使う

日食観察専用の望遠鏡や双眼鏡、或いはそれらへのアタッチメントもあるようですが、高価でもあり、一般的ではありませんので、ここでは省略します。

部分日食観測用のピンホールカメラの簡単なり方

それでは部分日食観測用のピンホールカメラの簡単な作り方を、幾つかご紹介しましょう。

まず一番手っ取り早いのは、ボール紙などに小さな穴を開けることです。

これを部分日食の太陽光にかざせば、下に日食の太陽が投影されます。

以下は、もう少しきれいに日食を見たい方のための、ピンホールカメラの簡単な作り方です。

■ラップの芯ピンホールカメラ

【材料】ラップの芯、アルミホイル、白いレジ袋、輪ゴム2本

作り方
1 ラップの芯の片方(縦方向の)に、アルミホイルを10センチ四方位に切ったものをかぶせ、輪ゴムでとめ、アルミホイルに小さな穴をあけます。

2 ラップの芯の反対側に、白いレジ袋を10センチ四方位に切ったものをかぶせ、輪ゴムでとめます。
craft1出典:http://matome.naver.jp/odai/2133708519079196301

これでラップの芯ピンホールカメラの完成です。

白いレジ袋にアルミホイルの穴を通った、太陽が投影されるわけですね。

■鏡式日食用ピンホールカメラ

【材料】小さな手鏡 紙 両面テープ

作り方
1 紙に小さな丸い穴を開けます。 大きさや形は各自で試してみてください。
2 手鏡に両面テープを貼り付け、穴をあけた紙を貼ってください。
craft2出典:http://k-kb.or.jp/kagaku/img/starryInfo/20120521eclipse/craft2.gif

この鏡で、日食の太陽を適当な所に反射、投影して観察します。

■段ボールピンホールカメラ

【材料】段ボール アルミホイル 白い紙

作り方
1 厚紙や段ボールなどで長い筒を作ります。

2 筒の一方の先端にアルミホイルを貼り、1-2ミリほどの穴を開けます。

3 筒の底面には白い紙を貼ります。

4 底面の少し上のあたりの筒を切り取って、のぞき穴を作ります。

これで完成です。

影を見ながら筒の上部(アルミホイルを貼った方)を太陽に向けると、底面の白い紙に部分日食の太陽の像が映ります。

以上が安全に部分日食を観測するために使うピンホールカメラの作り方ですので、ぜひ作ってみてくださいね。

まとめ

今回の部分日食は、日本中どこにいても部分日食を見ることの出来る、貴重なチャンスです。

しかし、日食観測は正しい方法で行わないと、危険なこともあります。

直接肉眼で部分日食の太陽を見ることは、非常に危険ですので、絶対におやめください。

そのために今回は、「部分日食の全国観測時間予想!ピンホールカメラの簡単な作り方も」として、観測時間は勿論のこと、安全な部分日食観測の方法や、ピンホールカメラの簡単な作り方などを、ご紹介いたしました。

シロップ

最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。