寒暖差アレルギーと花粉症の症状の違いは?原因や対策は?

寒暖差アレルギー”という言葉を耳にしたことありませんか?

別名、血管運動性鼻炎と言われています。

季節の変わり目に体調が悪くなったり、くしゃみが出たり、鼻水が出たり、なんだか頭痛もする。こんな症状があらわれる場合は花粉症かなと思ってしまいがちですが実は寒暖差アレルギーかもしれません。

あまり聞きなれない寒暖差アレルギーとは、どんな症状でどんな予防対策が必要なのか、また花粉症との違いなどそれぞれポイントで原因や対策などを説明しますので気になっている人はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

寒暖差アレルギーとは?その症状について

寒暖差アレルギーは、別名血管運動性鼻炎とも呼ばれています。

寒暖差アレルギーは、温度差7度によって咳き、くしゃみ、鼻水などのアレルギー症状を引き起こすことを言います。
gahag-0017405453-1
アレルギー性鼻炎と同じような症状ですが、寒暖差アレルギーは抗原が認められないもので、つまり自律神経の障害と考えられているのです。

自律神経が誤作動が原因ではないかと言われ、
未だに謎の多い症状なんです。

外気温の温度や湿度などに反応して、くしゃみ・水溶性鼻水・鼻閉の発作をひきおこします。

身体の苦痛を伴う場合には、抗ヒスタミン剤・抗アレルギー剤なども必要とする場合もあります。

春から夏へと移り変わる頃、暑い夏から冷え込む秋頃に、急に激しい温度差によって 温度差が7度あると寒暖差アレルギーが出やすいのです。

このようにアレルギー性鼻炎・花粉症なのか なかなか判断がつきにくいと言われている症状なのです。

寒暖差アレルギーと花粉症の違いは?

花粉症は主にスギ花粉・ヒノキ花粉などが原因で起こるものです。

緑豊かな自然いっぱいの中で暮らしている方々は、必ず花粉症になるとは言う事ではありませんね。高層ビル街で暮らす方々にも危険がしのびよる花粉症。

まき起こる花粉で、くしゃみ・鼻水・涙が出たり・顔が痒くなったり、目が開けられない状態など、人によっては重症化する方もいます。

“寒暖差アレルギー”別名血管運動性鼻炎と花粉症の違いは、アレルギー性鼻炎と同じようですが、外気の温度や湿度などに反応して、温度差7度によって咳き、くしゃみ・鼻水などの発作を起こす症状になるというアレルギーがあるかないかの違いです。

身体の苦痛を伴う場合には、抗ヒスタミン剤・抗アレルギー剤なども必要とする場合もあります。

このように、アレルギー性鼻炎・花粉症なのか、なかなか判断がつきにくいと言われていますが、こんな苦痛耐えがたいものです。

ですので花粉症ではなく、寒暖差アレルギーだった場合は対策することでかなり症状が軽くなったりする可能性があります。

寒暖差アレルギーの対策は?

そしてその寒暖差アレルギーについての対策についてです。

私たちの体は、外的刺激から影響をうけることが多いですね。しかし、体内を保護できるような仕組みにもなっています。

寒暖差アレルギーは、温度差7度によって咳き、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状が起こります。

なのでその対策ですが、
日常の生活で温度差が出ないように、寒い日には着込んだり、衣服の調節に心がけましょう。

大切なことは体温の調節に気を配ることが必要です。

体を温める食事を取ることも大切で体を温める生姜湯・生姜スープを飲んだり、エネルギーになるニンニクなどお料理の献立に加える事も良いですね。

夕食の副菜などに、あったかい煮物~昔からの言い伝えでも有る地面より下に植えている根菜類が熱を保持しやすいと言われています。

おススメなのが、甘酒!!
gahag-0052913611-1
あったか~くなるんです。

保温効果の有るお風呂での半身浴、40度位のお湯に入り温めるのも良い方法です。

でも注意が必要なのは、身体を温めてその後、室温との差が無いように気をつけることが大切です。

浴室と室内の温度差が異なりすぎて、突然に倒れて病院へ運ばれる方もいますのでご注意を。

寒暖差アレルギー対策の秘訣は、やはり寒暖差をできるだけなくすことです。

マスクをして鼻の粘膜を潤すことも良い方法ですね。

最後にまとめのポイント

寒暖差アレルギーは、温度差7度あることによって咳き・くしゃみ・鼻水などの症状が起こります。日常の生活で寒暖差をできるだけなくしましょう。

急な温度変化に日頃の体温調節に気をつけましょう。

食生活に気を配るように、温かい生姜湯・生姜スープなどの摂取・日頃の食事等に配慮が大切。

女性の方は特に、たんぱく質を多く取ることも忘れないで下さいね。たんぱく質の多い食品には肉類・魚介類・卵黄・大豆製品・乳製品
に多く含まれています。体の内面からのケアも心がけたいものです。

保温効果のあるお風呂等で身体を温めましょう。
女性にお勧めアロマなどのお風呂も良いですね。お風呂は熱すぎず・冷たすぎず、ぬるま湯にしましょう。

自律神経を整えることが大切ですので衣服の調整にも気をつけましょう。

などなど寒暖差アレルギーに対策できることはありますので、寒暖差アレルギーかもという人はぜひ対策してみてください。

症状が軽くなるかもしれませんよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。