嵐アリーナツアー当落発表日や6会場の座席確認などまとめ

嵐の9年ぶりとなるアリーナツアーのチケット申し込み期間が迫って来ましたね。

ファンとしてはどうしても行きたいアリーナツアーだと思いますが、そのチケットの当落の発表日とさらに当選した場合の6会場での座席を確認することになると思います。

やはりライブを見るならアリーナの良い席に座りたいと思うのが誰でも思うところですよね。

残念ですがその座席発表も前日にわかるというもののようですが、とりあえず把握しておくことが重要だと思います。

まずはチケットが取れるかどうかが問題ですけどね。

チケットの申し込みについてはこちら。
⇒嵐アリーナツアーチケット申し込み期間は?顔認証注意点も

チケットの当落発表日がいつなのか、
さらには6会場のおおまかな座席の場所の確認などを紹介します。

スポンサーリンク

嵐アリーナツアーチケットの抽選当落発表日はいつ?

まず嵐アリーナツアーチケットの当落がわかる発表日についてです。

嵐のアリーナツアーは9年ぶりとなって、
確かに倍率は今まで以上に高いものとなるかもしれませんが顔認証も導入し転売などの不正がなくなるのでチケットの申し込みに制限が出て実際には今まで以上に当選する確率が高いんじゃないでしょうか?
lkkl
ですがそれでも当たる人の方が少ないのが大人気アイドルの嵐のコンサートです。

しかも9年ぶりのアリーナツアーですからね。
恐ろしい人の数が応募するでしょう。

そのチケット申し込み期間は3月4日まであるわけですが、その当落がわかる当選発表日は3月24日(木)以降と決定しています。

それ以降にメールで当落がわかるということです。

その日はまたネット上が阿鼻叫喚の地獄絵図となるでしょうね…。

もし当選した場合の入金など今のうちからでも確認しておきましょうね。

嵐アリーナツアー6会場の座席確認まとめ

そしてもし当落発表で当選していた場合、次に気になるのが6会場それぞれの座席ですよね。

嵐のメンバーが良く見える座席に座りたいものです。

まず会場「サンドーム福井」。
bbb出典:http://www.livehis.com/seat/seat2_fukui.html

収容人数としては、
MAX1万超(スタンド6000席、アリーナ最大で4000席、立見席800人弱)と収容人数の割には会場が小さく音響も良いのでどの席でもよく見えます。

メインステージはスタンド北・南8ブロック前に設置されることが多く、残念ですが当日の座席はステージ構成によって変わることが多いので当日に直に確認するしかありません。

ですがスタンド席でもほぼ外れがない会場とも言われています。

会場について詳しくはこちら。
⇒サンドーム福井ライブ座席について

続いて「広島グリーンアリーナ」。
nnmmm出典:http://www.sports-hiroshima.jp/

固定席は約4,750席(最大収容人数約8300人)。
会場は武道館と比べると高さが低い感じで狭いと感じる人も多いようです。
CQt5QkwVEAAyCE1出典:Twitter

そして座席に関してもジャニーズならば花道のあるステージだと思いますので、ステージが高さがあるので1階よりも2階の方が見やすいのではないかと思います。

こちらも座席は確定ではないようなので、当日どうなのか確認しましょう。

アリーナの場合、12人ずつ椅子が並ぶのでアリーナのどこのブロックで何番なのかが重要だと思います。

番が100越えだと少し後ろになるという感じです。

続いて「静岡エコパアリーナ」。
jhjhj出典:https://www.ecopa.jp/stand/arena/

収容人数最大1万人。
アリーナとスタンドに分かれています。

南ロビーの方が入口なので奥にステージが作られることが多いようです。

ですが当日に確認してみるまではわかりません。
座席に関しては公式ホームページの方でも詳しく確認できますので確認してみましょう。

⇒静岡エコパアリーナ座席ガイド

続いて「鹿児島アリーナ」。
jhhjjh出典:http://zaseki.s-works.jp/122

収容人数は最大で5,700人。
なので嵐を近くで感じられるのかと思いきや実際に行ってみると少し広く感じるということです。

ですが実際に人数も少ないので嵐をいつもより近くに感じられるはずです。

人数が少ないということは、倍率も高いということですけどね(笑)

こちらも画像も1つのパターンであって、
当日のステージ構成によって分かれます。
参考までに場所だけ把握しておきましょう。

続いて「長野M-WAVE」。
2f-thumb-600xauto-332出典:http://www.nagano-mwave.co.jp/m_wave/about/floor.php

固定席は最大約6,500席、20,000人を収容可能。
長野五輪のスピードスケート会場になったところです。

こちらもアリーナかスタンドかでわかれていて、列と番号で場所が座席がわかります。

可動式スタンドのある方がステージになることが多いようです。

そこからアリーナ席だとA~Eとなり、
Aが一番近くからの席になると思います。
当日確認しましょう。

続いて最後ですね「横浜アリーナ」。
yokohama_arina2-1024x968出典:http://ticket.st/livel/788cqe87e

最大収容人数1万7000人。
青い部分がセンター席と呼ばれているところ、その周り(オレンジ、茶色、紫の部分)がアリーナ席、外側部分がスタンドです。

アリーナ後方やスタンドは少し距離を感じますが見やすさは抜群で音響も良いです。

センター席であることを祈りましょう。

最後に

嵐の9年ぶりとなるアリーナツアーのチケット当落発表日や6会場の座席についてでした。

当落発表日まで気が気じゃないという人も多いかもしれませんね。

そして座席の発表も当日前までわからないということですので、なんとなく場所だけ把握しておいて当日会場で確認しましょう。

これだとチケットを持っているのに座席でも気が気じゃないですね(笑)

まずはチケットを購入する権利が当たることを祈りましょう。

シロップ

最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。