火ノ丸相撲80話のあらすじやネタバレ!読んだ感想も

やってきました火ノ丸相撲80話です。

79話を振り返ると、
合宿でやってきた名古屋で息抜きに名古屋城に行くのですが、なんとそこで同じく合宿に来ていた国宝の一人で現役日本人最強力士の弟の日景典馬と相撲を取るこになった火ノ丸。
jkdkdkd⇒火ノ丸相撲79話のあらすじやネタバレ!読んだ感想も

果たしてどんな結末になるのか。
ここからはあらすじやネタバレを書いていきます。
まだ本編80話を読んでいないという人はご注意ください。

火ノ丸相撲80話「死ぬのは見たくない」。
さっそく行ってみましょう。

スポンサーリンク

火ノ丸相撲80話のあらすじやネタバレ

圧倒的なリーチから繰り出される突きは日本一とも言われる国宝「大典太」の日景典馬。

その突きをなんとかかわしますが、
まともに食らったら首まで持っていかれそうな鋭い突きでした。

ですがそれをかわしたことで日景も火ノ丸だと気付いたようです。

こんなところで力を見せる必要はないと桐人は言うのですが、逆に相手の力を見るんだと火ノ丸は百千夜叉墜を仕掛けようとします。

ですが違和感でピタリとやめてしまいます。
相手が簡単に廻しを取らせてくれて、このまま投げに入ったら負けるんじゃないかという悪寒が走ったのです。

「どうした?早く例の投げを見せてくれよ鬼丸

やはり気付かれていましたが、
そこに乱入者がやってきます。

日景の高校の先輩達でした。
ですが帰り際に火ノ丸の技である三点投げのことを漏らして行きます。
oooiii

予選からまだ1週間しか経っていません。
ですがすでに火ノ丸の技には対策がうたれているようでした。

「思ってたより臆病だったね」
と自分の技が死ぬのは見たくないから仕方ないかと火ノ丸の感想を言いながら日景は帰っていきました。

その翌日には合宿は始まっていました。
ですが火ノ丸だけはどこか身が入っていません。

そんな火ノ丸を冴ノ山関が呼びます。
「気の抜けた顔ですね」
と火ノ丸の最大の武器は新しく生み出した技などではなく、くじけない心だろうと自分も壁に幾度と立ち向かいくじけそうになっている中で火ノ丸の目を見てシビれたんだと励ましてくれました。

そして柴木山親方が呼んでくれたのは、
その壁を超えさせるためだろうと。

そのまま火ノ丸を案内したのは関取だけがいる上級訓練所でした。

「強くなれる地獄」だと言う冴ノ山関。
なら後は強くなるだけだろうと新たに気持ちを切り替える火ノ丸。

果たしてどんな地獄が待っているのでしょうか?

ここまでが火ノ丸相撲80話のあらすじやネタバレです。

火ノ丸相撲80話の感想

やはり乱入者が入ってストップでしたね。
ですが火ノ丸の技はすでに看破されているという事実がわかり、火ノ丸がさらに成長しないといけないという流れになりましたね。

落ち込む火ノ丸を冴ノ山関が前に火ノ丸と稽古をしたときのことを思い出すように励ますのは素晴らしい演出だと思いました。

そしてついに火ノ丸が飛び込む関取しかいない上級訓練所にはどんな力士たちが待ち受けているのか楽しみでなりませんね。

果たして火ノ丸がどのように強くなるのかが気になりますね。

全国で日景のように他の国宝たちが登場するのも楽しみです。

続きを早く見たいですね。

最後に

火ノ丸がやっとの思いで編み出した技はすでに他の高校には看破されて対策されていました。

このままでは勝てないとどうしたらよいかとまた壁にぶつかる火ノ丸ですが、くじけない心でまた成長しようと頑張る姿はやはり青春ですね。

これからどのように火ノ丸が強くなるのかも楽しみです。

続きを楽しみにしましょう。
⇒81話のネタバレや感想はこちら

シロップ
最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。