モニタリング木部さんがヤラセで不快?うざいという声も

ベッキーとブラックマヨネーズが司会を務める「ニンゲン観察バラエティモニタリング」で木部さんシリーズという企画が現在よく放送されています。

ですがこのモニタリングの木部さんが不快でうざいという声をよく聞きます。

モニタリングという番組自体が、
日常生活でありえないシチュエーションを設定して反応を見るという番組で、一般人なども巻き込んでの企画が多くヤラセ疑惑が後を絶ちません。

その中の木部さんシリーズで、
ベッキーが木部さんという根暗なキャラクターになって一般人に溶け込み、バレるかバレないかという企画を行っているのですがそれがヤラセすぎて不快だという声が多いんです。

中にはうざいから見ていられないという人も。

ですが何度も放送されて少しずつ受け入れられてきたのかなとも思います。シュールな笑いですので嫌悪感を示す人は大勢いるんですよね。

なぜそこまで不快だと言われるのか、さらにはヤラセだと言われるのはなぜなのかについて調べてみました。

スポンサーリンク

モニタリング木部さんはなぜ不快だと言われるのか?

モニタリングの木部さんシリーズは人気も高く、視聴率も悪くないので何度も企画として放送されてきました。

その中で一般人の人と絡んで木部さんがベッキーだとバレるかどうかという企画で、そのベッキーの暴走ぶりが不快だと言われるようになったんです。

「ベッキーかどうかバレるかどうかがテーマ」
bbnmnbbbb
のはずが番組を盛り上げるためにベッキーが羽目を外して一般人にイタズラまがいのことをしてしまうんです。

その暴走が視聴者を馬鹿にしているととられて「不快だ」とか「うざい」などの声があがりました。

実際に木部さんがショップ店員になってバレるかどうかという企画で、普通に接客せずに商品を買ったお客さんの袋にでかでかと「5000円の服が入ってます」と書いたりするなどイタズラをしていました。

正直私もこれはどうかと思いました。
番組だとしても悪ふざけが過ぎるんです。

その後のそのお客さんにネタばらしをしたのかどうかも映されていませんでした。

なのでモニタリングとしての意義もありません。
番組の企画として面白いかどうかしか考えていないように見えます。

だから「そのお客さんもヤラセなんでしょ?」
という声が多くなりました。

実際に一般人として出てきた人がタレントだったりしたそうです。
⇒モニタリングの一般人はタレントだった?

さらに成人式にベッキーが木部さんとして潜り込んでバレるかバレないかという企画がありました。

一応話は通してあるようですが、勝手に閉会の挨拶を変な声でし出したり、その後のフリップネタの段階ではウケなくなっていて寒かったですね。

さらにフリップが終わったら歌謡ショーと暴走が続いてそのままベッキーだと名乗ってネタばらしをしていました。

今回の企画がスベっているのもあって不快だと感じる人が多かったかもしれませんね。

モニタリングの木部さんが不快だという声がヤフー知恵袋でもありました。

⇒ヤフー知恵袋

木部さんシリーズは続いていくの?

今後も木部さんシリーズは続いていくのでしょうか?

実際に12月24日にも木部さんシリーズとして、
ベッキーだとバレるかどうかを仙台はモニタリングの視聴率が悪いということで広めるために木部さんが訪問していました。

地元の人が笑ってくれていたのでそれほど悪ふざけという感じでもなかったですが、見ている人の中には「どう見ても不快だろ」というシーンもいくつかあったと思います。

モニタリングは大人気番組ですし、今後も木部さんシリーズは続いていくのは間違いないと思います。
mnbmnbmbmn

大好きだという人がいる反面、不快だと思ってチャンネルを変えてしまうという人など賛否両論です。

今後木部さんシリーズは悪ふざけとは別の部分で企画を盛り上げていってくれることを期待しています。

どうしても一般人をベッキー本人だと言って驚かせるのが当たり前になるのは仕方ないですし、ヤラセでも別に構わないと思いますので視聴者が不快になるような悪ふざけは今後見直していって欲しいですね。

ベッキーは番組を盛り上げようと頑張っていると思いますし、今後番組側がそうした配慮をして迷惑をかけた人のフォローもしっかりと視聴者が納得できる形で見せて欲しいです。

今後どうなっていくのかも気になるところです。

最後に

モニタリングの木部さんがなぜ不快だと言われるのかについては、一般人を巻き込んで悪ふざけをしているのが視聴者が見ていて不快だからでした。

そして今後も木部さんシリーズは続いていくと思うので、そうした視聴者や一般人を巻き込んだ企画をしていくのならしっかりとフォローしているところを見せて納得させて欲しいなと思いました。

やはりもし自分がそのドッキリに巻き込まれたらと考えるだけで不快ですからね。

そうした部分を考慮していってくれることを今後期待したいですね。

シロップ

最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。