食戟のソーマ146話ネタバレや内容のあらすじ!読んだ感想も

食戟のソーマ146話です。

145話を振り返ると、
上品な後味を活かす料理が前提のさつま地鶏に対してB級グルメのような調理をする創真に食べるまでもないと言われて叡山先輩からも火を止められてしまう創真。
hhkhkhkhk⇒食戟のソーマ145話ネタバレや内容のあらすじ!読んだ感想も

ですが「先輩ビビッてんすか?俺の料理に」と叡山先輩を挑発し料理をなんとか食べてもらおうとします。

果たして創真の料理はどんな料理なのでしょうか?

ここからはあらすじやネタバレを書いていきます。
まだ本編146話を読んでいないという人はご注意ください。

食戟のソーマ146話「隠し味」。
さっそく行ってみましょう。

スポンサーリンク

食戟のソーマ146話のネタバレや内容のあらすじ

最後のひと手間で料理が完成すると創真は料理に集中します。

そこまで言うなら食べてやるよと叡山先輩もその調理を見届けます。

用意していた鶏ガラスープを持ってきて、スキレットという厚手のフライパンに手羽先餃子を入れるとなんと今度はパリメザンチーズまで投入し出しました。

上質な後味を具に豚トロを使った時点でも台無しなのに、さらにチーズなんて使うなんて見事なB級グルメでしかないと審査員は言います。

後味を最大まで活かそうとした叡山先輩の料理とは真逆でした。

そして最後には鶏がらスープで作ったあんかけまでかけて創真の料理は完成しました。

「…くだらねぇ このあんかけが何だって言うんだ」

そう言いながら創真の料理を口にする叡山先輩。
yuutuiuititu
そしてこの顔です(笑)

「どうかしたんすか叡山先輩 ひょっとして俺の餃子美味いって思ってんすか?」

あんなB級グルメが美味いはずがないのに、叡山先輩が美味いと評価したとなると食べてみたくなる審査員達。

3人のうち2人が判定は一口食べてみてからでもいいんじゃないかと言い出して一口食べてみます。

実はあれほどめちゃくちゃな調理をしたさつま地鶏の後味は失われるどころか際立っていました。

その答えはあんかけでした。
そしてそのあんかけにはある秘密の隠し味を加えてあるんです。

叡山先輩自身が美味いと思ったんならどっちの皿の方が美味いかはっきりさせましょうよと創真は叡山先輩に迫ります。

果たして創真の料理は判定してもらえるのでしょうか?

ここまでで食戟のソーマのネタバレや内容のあらすじは終わりです。

食戟のソーマ146話の感想

やっぱり美味い料理なら食べてもらえるはずだというごり押しだ(笑)

そして叡山先輩の取り巻きである審査員も叡山先輩が美味いと評価した料理ならそりゃ食べてみたくなるというものです。

あとは叡山先輩が自分の料理と比較されて逃げ出さないように煽り続けるだけです(笑)

まだ食べていない審査員も料理審査には自信があるようで創真を批判していただけに、これは審査をせずにはいられないという状況になってきましたね。

料理漫画の王道とも言える美味いものは食べずにはいられないという状況に追い込むわけですね。

やっぱり無謀で無策じゃないですか創真(笑)

ですが叡山先輩が完璧にリアクションを取ってしまいそうになる体を必死に抑えているようにしか見えませんね。それほど美味しいということなんでしょうね食べてみたいなぁ。

果たして叡山先輩はこの勝負でこのあと何を披露してくるんでしょうか?

叡山先輩の過去なども明らかになりそうなので期待しましょう。

最後に

ついに叡山先輩に自分の料理を口にさせることに成功させた創真。

果たしてしっかりと審査してもらい、叡山先輩との食戟を成立させて勝利することができるのでしょうか?

まだまだどんな展開になるのかわかりませんね。

続きを楽しみにしましょう。
⇒147話のネタバレや感想はこちら

シロップ

最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。