ニセコイ195話のあらすじやネタバレは?読んだ感想も

ニセコイの195話です。

194話を振り返ると、
ついに実家から脱出することができた万里花と楽ですが、結局万里花は病気の治療のために橘家の管理しているアメリカの病院で2年間入院しないといけないということでどのみち母親からは逃げられませんでした。
jjkjkjkjkjkj;;;⇒ニセコイ194話のあらすじやネタバレは?読んだ感想も

ですがその万里花の強さや楽達の思いが通じて母親の千花は「病気を治したら好きにしなさい」と許すことにしました。

千花も自分を変えようと決心したようです。

ここからはあらすじやネタバレを書いていきます。
まだ本編195話を読んでいないという人はご注意ください。

ニセコイ195話「マンナカ」。
さっそく行ってみましょう。

スポンサーリンク

ニセコイ195話のあらすじやネタバレ

ついに万里花が病気の治療のためにアメリカに出発することになりました。

もともと無理をしていたので早く治療しないといけないからです。

千棘が気を利かせて楽と万里花だけを残してその場を離れます。

「…似合わないことをしますね」
「……ああ」

ですが万里花は感謝しているようでした。

そして改めて万里花は楽にお礼を言いました。
楽は大したことはしていないといつものように答えます。

ですが、話は変わってこれから楽はどうするのかという話になりました。

「小野寺さんに告白したりとかするのでしょうか」

と自分を振ったのだからきちんと楽もけじめをつけて欲しいと言い出します。

そしてあえて一つ聞かせてほしいことがあると、
hlllhlhl「桐崎さんの事はどう思っておいでなのですか?」

と千棘のことは好きではないのかと確認します。

万里花には楽が千棘のことをただの友人として見ているようには思えませんでした。

楽は小野寺のことは真剣に好きなんだと言います。
なので万里花ははっきりと楽に言いました。

楽様は…二人の人を同時に好きになっているんですよ

珍しいことではないと思うと、そしてちゃんと自分の気持ちを受け入れた上で答えを出して欲しいと楽に言います。

もし2年後にまだフラフラしていたら今度こそ私が本気で奪いますからと。

そして楽の寝癖を直しますと言いながら近づいておでこの真ん中にお別れのキスをしました。

別れた万里花には、
付き添いで本田も一緒にいくことになったようです。

本田がなぜすぐに助けなかったのかについてですが、
望まぬ結婚だろうと友人に二度と会えなくなろうとも早く治療を受けてほしかったからだと話しています。

母君様を変えられる人がいるとは思ってもいなかったと、楽たちには感謝していると。

そして万里花は改めて自分を慕ってくれているとわかった本田を認めたようです。

今まで本田の下の名前は忍の頭として襲名する”忍”という名前しか知りませんでしたが改めて本田に聞きます。

本名は本田曜子というようです。

万里花はこれから本田の事を”曜子”と呼ぶようにしました。

そして万里花は今まで楽がすべてだったのですが、今は楽と結ばれなくても帰りたいと思える場所ができたと話します。

離陸時に空港を見ると、
「まってるよ!」と書いてあるボードを持った千棘たちが見えました。

「必ずまた帰ってくるわ 必ず…」

万里花とのしばしの別れでした。

ニセコイ195話のあらすじやネタバレはここで終わりです。

ニセコイ195話の感想

楽が2人を同時に好きになっているという発想はありませんでしたね(笑)

さすが万里花は発想が違いますわ。
なるほど、これからそれを楽が自覚して本当に1人を選んでいく葛藤をこれからしていくわけですね。

…もうハーレムエンドでよくない?
どちらか選べず、つぐみも告ってきて悩み、そして万里花も帰ってきてハーレムエンドですよこれは(笑)

まあ冗談ですけど、
これからどんな話になっていくのか期待ですね。

まだまだニヤニヤするような楽たちの恋模様も期待してるので、ずっと続いていってほしいですね。

とりあえず万里花との恋は決着し、そしてしばらくのお別れになりますね。

ちょっと寂しいですが、病気の治療のためですから仕方ないです。

今後の展開に期待しましょう。

最後に

ニセコイはまだまだ続きそうですね♪
楽は2人を同時に好きになっていることを自覚し、どのような決断をしていくのかに注目です。

そして女の子たちからのアピールもまだまだあると思いますからどんな話が描かれていくのか気になるところです。

続きを楽しみに待ちましょう。

⇒196話のネタバレや感想

シロップ
最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。