つまようじ少年逮捕「少年法改正の為」 生い立ちや本名公開 

つまようじをスナック菓子などに突き刺して混入させる動画や万引きをする映像をYoutubeの動画サイトに悪質な動画が相次いでネットに投稿されたとして問題となり、警視庁は窃盗の疑いで逮捕状を取りつまようじ少年を逮捕し話題になりました。
1dca6f1f-s
少年は「narukami793」という名前で動画を投稿しており懲りる様子もなく「少年法改正の為だ」や「捕まってもすぐに出てこれる」などみんなや正義の為と言いながらつまようじ混入や万引きする様子を映像で撮ってその動画を投稿していました。

警視庁は動画や防犯カメラの映像などを分析し、東京・武蔵野市のコンビニで紅茶が万引きされた動画の映像から、犯人の少年の身元を割り出しました。
そして三鷹市に住む無職の少年(19)が万引きした疑いが強いとして窃盗の疑いで逮捕状を取りました。

無職の少年の本名、生い立ち

少年の名前は「市川たくま」と特定されました。
動画内では逮捕状や自身の家族の情報などが公開されたことも想定内だと話しており、本名である「市川たくま」だという報道に否定しなかったところをみると間違いないようです。

2011年、2013年と2度も逮捕歴があり、一人暮らしの生活保護の状態だったようです。

動画内で幼少時代の話や兄弟など家族の話もしており、

4人兄弟の一番下で、幼少時代母親がゼリーの盗み食いをしたのではないかとしつこく追及され、実際盗み食いをしたのは1つ上の姉だったようですがあまりの怖さにやってもいないのに自分がやったと嘘をついてしまったという話などをしています。

少年時代は
国語や算数が特に苦手で頑張っても10点しか取れなかったと話しており勉強が苦手だったようです。
そして兄によく殴られていたり、父親もそのころからお金を入れてくれなくなり、姉の喘息が原因で引っ越しをしたりもしたそうです。

そして親が離婚し母親一人で子供を育てていくこともできず生活保護を受けます。

それから非行に走るようになったようです。

2011年通り魔殺人事件犯行予告

2011年2月にこのつまようじ少年は新宿西口通りで通り魔殺人事件の犯行予告を2ちゃんねるに書き込み、警視庁機動隊が出動したりマスコミや野次馬など数千人が集まる大騒動となる事件を起こしました。

この時つまようじ少年は中学生でした。
少年院に送られ満期で出所しています。

そしてつまようじ少年の兄は「弟が馬鹿にされたのを見て、実際に通り魔ができるのを見せてやろうと思った」とJR新宿駅で刃物を振り回した後、交番に駆け込み「通り魔をしてきた」と銃刀法違反で逮捕されているなど兄弟で問題を起こしているようです。

2013年にもJR博多駅襲撃事件を計画していると今度は動画で投稿し、警視庁はそれを事前に察知して逮捕しまたも少年院に入ったようです。

最後に

動画投稿や生い立ちなどを見ていると根本的な部分や生活環境で大きく歪んでしまっているんだろうなと思いました。
万引きを装ったりもしており、犯罪をして面白がっているというよりも誰かに注目してもらいたいという思いがあってもどうしたらよいのか分からないからこんなことをしたというように映りました。

実際は家族とは仲が悪いわけではないようです。家族で旅行に行ったこともあるみたいですし。

ですが幼少からのコミュニケーション能力や自己啓発などの思想がやはり欠如していて、犯罪をしているという意識もないので反省もしない。誰かに迷惑を掛けているという発想もない。

「少年法改正の為」だと動画内では歌いながら一緒に頑張ろうなどと言っています。

本当は友達が欲しいだけなんじゃないかと思います。

こうした事件は本当になくなって欲しいと思いました。

⇒つまようじ少年異物混入動画は自作自演

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。