食戟のソーマ144話のあらすじやネタバレは?読んだ感想

今日土曜日の発売だったんですね週刊少年ジャンプ!

食戟のソーマも144話がやってきました。
143話を振り返ると、
食戟で俺が勝ったら極星寮の取り潰しもなくなるんでしょと極星寮の強制退去をされてもまだ自分の勝ちを諦めない創真や極星寮の連中についに叡山先輩も料理をするしかないかと諦めて料理を始めたところでしたね。
jjjjjkjkjk⇒食戟のソーマ143話のあらすじやネタバレは?読んだ感想

果たして創真の料理は食べてもらえるのでしょうか?

ここからはあらすじやネタバレを書いていきます。
まだ本編144話を読んでいないという人はご注意ください。

食戟のソーマ144話「錬金術師【アルキミスタ】の実力」。

さっそく行ってみましょう。

スポンサーリンク

食戟のソーマ144話のあらすじやネタバレ

叡山先輩の遠月学園入学試験の面接の時、なぜ遠月を選んだかという理由で彼は「金になるから」と答えていました。

「コンサルティングで重要なのは」と、
面接時でも自分の持論を話していました。

普段は調理台に立つことのない彼が料理ができるのか?

さつま地鶏と調味料を見て、作るメニューを決めます。
さつま地鶏を丸々1羽鍋に入れて、火を止めて余熱だけでじっくり火を通すなどさつま地鶏という高級素材に関わらず大胆な調理方法を披露します。

創真の実家では丸々1羽使うなんてことはなかったので、関心していました。

さらにさまざまな調理法を披露。
ずっと創真はその姿を見ていました。

「さっきから何見てやがんだ幸平…」
「何つーか叡山先輩って料理できたんだなーと思って

とこれには小林竜胆先輩は爆笑、審査員は凍り付きました(笑)

ですが竜胆先輩は叡山先輩がコンサルではなく料理にのめり込んでいたら、現十傑メンバーの何人かは食われていたかもしれないと料理の実力があることも明かしました。
ddfafafaf

食戟の戦績が何よりも柱であるはずの遠月十傑に戦績もなく名前を連ねているというだけでもすごいことでした。

叡山先輩が入学初年度で稼いだ額は、
その学年全生徒の入学金をあっさりと超えていました。

遠月のコネクションをフルに活用してあらゆる分野と条件であっても完璧に回答して金に換えてきた叡山先輩はまさしく「錬金術師【アルキミスタ】」の称号にふさわしい人物でした。

今日は採算は度外視で創真に料理は戦略だというところを見せてやると「後悔しながら遠月から消えろ」と言います。

それに対して創真は、
この食戟で先輩に見せときたいものがあったんで
と調理を続けます。

その作っている餃子はただの餃子ではないと叡山先輩も気付きました。

果たしてどんな餃子なのでしょうか?

ここで食戟のソーマ144話のあらすじやネタバレは終わりです。

食劇のソーマ144話の感想

適当に料理するんじゃないかと思っていた叡山先輩も普通に料理してましたね。

普通に料理をする姿はとても楽しそうでした。
なぜ彼がコンサル業にのめり込むようになったのかも気になるところです。

そして一番気になるのが創真が何の勝算もなく挑んだわけではないと話していました。

どんな勝算があるのか、次で明かされるのでしょうか?
おいしそうな料理についつい審査員が手を出して判定してしまうというびっくりな展開の可能性もあるんでしょうか(笑)

次が楽しみですね♪

最後に

これからだんだんと叡山先輩の過去も明らかになってくるんでしょうか?

そして創真の勝算とはなんなんでしょうか?

続きを楽しみにしましょう。

⇒145話のネタバレや感想はこちら

シロップ

最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。