ものの歩5話のあらすじやネタバレは?読んだ感想も

やってきましたものの歩の5話。

4話では、
信歩の本当の力が気になった藤川竜胆が最後まで見てやるから指せと言うのですが内容はボロボロ。
二度とプロなんて口にするなと言われた信歩ですがなんとか勝てないかとルームシェアしている銀雅に特訓してもらい再戦しました。j;k;kk⇒ものの歩4話のあらすじやネタバレは?読んだ感想も

竜を止めるという目的を持って将棋を指し、そしてついに王を詰ませようと動き出します。
果たして信歩は藤川に勝つことができるのでしょうか?

ここからはあらすじやネタバレを書いています。
まだ本編5話を読んでいないという人はご注意ください。

ものの歩5話「覚悟の量」。
さっそくいってみましょう。

スポンサーリンク

ものの歩5話のあらすじやネタバレ

信歩が指した手は序盤とは質が違う良い手でした。
それを見た藤川にも信歩にはズバ抜けた終盤力があることを見抜きます。

こっから先は素人とは思わないと決めます。
その時に思い出したのは百合峰蒼馬が、
プロにはなりません 将棋は遊びなので
と言っていた回想でした。

gkhkhkhkh

藤川は信歩相手に本気を出します。
あと1手あれば勝てた対局でしたが圧倒的な力でねじ伏せられた分厚い壁を感じた一局でした。

「すごいですね!」
と喜ぶ信歩を見て藤川はまたイラつきます。

勝たなければ意味のない世界を生きてきた藤川にとって、負けたのに喜んでいる信歩の顔が気になって、そして腹が立つのです。

なにがそんなに楽しいんだよと言われて信歩は、
「将棋なら話ができるんです」
と藤川が手加減してくれた優しさや自分の指した手が藤川を本気にさせたことが分かったことなど、将棋なら誰かに振り向いてもらえることが楽しかったと話します。

それを聞いて藤川は信歩を都大会に出すことを許します。
信歩もどれだけ怒っていても将棋をやめろとは言わない藤川のことを優しいのだと気付いていました。

そして信歩は都大会の個人戦に出場することが決定しました。

喜んで帰るのですが、今日は奨励会の対局の日で香月が負けてしまいトイレで吐きながら落ち込んでいました。

その姿を目の当たりにして、自分は賭けるべき覚悟の量を知らなかったんだと改めて知ります。

プロを目指すなんて軽々しく口にしていい言葉じゃなかったんだと理解します。

みんなと同じ入り口に立てるように信歩は東京で一番になることを誓いました。

ここでものの歩5話のあらすじやネタバレは終わりです。

ものの歩5話の感想

少しずつ藤川竜胆と百合峰蒼馬の関係が見えてきましたね。
藤川竜胆は百合峰蒼馬との決着をつけに将棋部として参加するということだと思います。

信歩は東京で1番と言ってもその百合峰と藤川を倒さないといけないということです。

そして香月の悔しそうに歪む顔はとても上手く描かれていて、素晴らしいなと思いましたのでぜひ本編で見てみてくださいね。

これから一気に奨励会まで信歩が駆け上がる内容になるのか、ですがそれには信歩の成長や藤川たちとの熱戦などは長くなるでしょうしやはり部活メインの話が続きそうですね。

ということはやはり新入部員としてヒロインが来るでしょう。
まだですかね?

今のところヒロインは完璧みなとです。
今回も外では女を捨てないことにしていると話すみなとは可愛すぎでした。

これからどう面白くしていくのか楽しみです。

もう少し個性のある男性キャラも欲しいかなと思ってますので新キャラなども見たいですね。

最後に

将棋のプロを目指すというの苛酷さが描かれているのもすごく良いですし、もっと見たい部分ですがこれから信歩がどのやって強くなって駆け上がっていくのかが楽しみです。

これから面白くなっていくことを期待しています。

ものの歩5話の感想やネタバレでした。

シロップ
最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。