山本太郎が問責決議案で牛歩と焼香パフォーマンスしたのはなぜ?

生活の党と山本太郎となかまたちの山本太郎参院議員は安倍晋三首相の問責決議案の記名投票の際に一人牛歩や焼香パフォーマンスをしたことで話題になりました。
plt15091815400046-p2出典:http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/photos/150918/plt15091815400046-p2.html

いったい何の為にこのようなパフォーマンスを行ったのかがよく分かりませんでした。

問責決議案をわかりやすく言うと、
11人以上の賛同者があれば参院に提出できるもので、内閣不信任決議案とは違い可決しても法的な拘束力はなく、福田康夫、麻生太郎の両元首相は可決後すぐには辞任しなかったようなものですが政府や大臣の責任を問うための決議案です。

17日の参院平和安全法制特別委員会でも安全保障関連法案の採決時に
「自民党が死んだ日」
と賞状か何かに書いてプラカードのように掲げる姿で話題になりました。
20150918001659paso@出典:http://saigaijyouhou.com/blog-entry-8046.html

なぜ今回も一人牛歩や焼香のパフォーマンスを行ったのでしょうか?

少し気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

山本太郎が牛歩と焼香パフォーマンスをした理由は?

今回の牛歩と焼香パフォーマンスをしたことで話題になった山本太郎参院議員さんですが、

その思惑としては、
連休まで参院で引っ張れたら、まだ目はあると思った
と週末までに終わらせたいという議員が多い中、その週末の予定を捨ててでも審議をしようじゃないかというアピールをしたかったようですね。

実際には山崎正昭議長が2分以内の投票を指導したことで不発に終わりました。
別に安倍首相の問責決議案には興味がなかったようにも見えます。

この牛歩と焼香のパフォーマンスを見ただけではやはり世間ではそのままただの目立ちたがりの自分勝手な”パフォーマンス”にしか見えません。

実際やりすぎです。

議員としてどうかという以前に生きている人に対して焼香のパフォーマンスはやはり人間としてどうかと言われても仕方がないように思います。

山本太郎議員は熱い人でパフォーマンスのつもりはないのかもしれませんが、見ている人にはそんなことはわかりません。

話は戻ってなぜこのようなことをしたのかですが、

山本太郎議員は、イラク戦争への加担や経団連による武器輸出提言を追及していました。

実際に今回の法案は違憲ではないのかと議論されることが来ると言い、

総理は衆議院の質疑で「憲法上違法な武力の行使を行っていればそれは国際法上認められないと我が国はそのような国を支援することがない」と答弁されていたと話します。

安倍首相の問責決議案で喪服を着ていたのは、
「自民党は憲法解釈で憲法破壊を行った。まさに自民党が死んだ日である。」
とそれを無視して強行採決したからというわけです。

今後アメリカと一体化していく際に、自衛隊が支援することになれば間違いなく巻き込まれると話します。

今回の安保法案ではそのようなことはないと言われていますが、
実際にイラクで一般市民が巻き込まれていると話し、それに加担することになる可能性もあり戦争犯罪に巻き込まれる可能性が高いのではないかと。

自衛隊を戦争犯罪者にするつもりかと穴だらけの法案をなぜ無理矢理通そうとするのかともっと審議しようと、もしものことが合った場合はどうするのかの議論もないと話しているんですね。

今回の安保法案では戦争をしようと言っているわけでも徴兵制を導入しようと言っているわけでもありませんが、無理矢理強行採決をしに行くことを納得する人がいるのかという話にはその通りだなとも思います。

なので一応山本太郎議員さんはふざけて変なパフォーマンスをしたわけではないようです。

いやまあ、ふざけているようにしか見えないんですけどね。

以前にもパフォーマンスが?

実は山本太郎議員はそれ以外にも問題と言われる行為をしています。

天皇陛下へ請願書を直接手渡ししたのです。

元々脱原発を掲げて政界入りした山本太郎議員はそれについて個人的な思いを手紙に綴って天皇陛下へ渡したのです。
nTURjSkVmhcDIJW_bDyYP_434出典:http://girlschannel.net/topics/61126/

これも大問題です。

内容は
「子供と労働者を被ばくから救って下さるようお手をお貸し下さい」
という内容でした。

失礼極まりないと言われ問題にされ、今回の牛歩と焼香と同じくパフォーマンス扱いされました。

厳重注意されましたが今回も牛歩や焼香のパフォーマンスをしてしまったというわけですね。

これは確かに問題です。

最後に

実際にはパフォーマンス以外にやれることがあったのではないかと思えてしまいますが、山本議員は今回一生懸命自衛隊のことを思って議論していました。

その点は素晴らしいと思います。

こんな国会なんていらないじゃないか、こんな議員なんていらないじゃないかと言われるこれからの日本はどうなってしまうんでしょうか?

政治のことに関してはあまり詳しくないので的外れなことを今回言っていたらすみません。

その際にはぜひ教えて下さると嬉しいです。

今回は山本太郎議員がなぜ牛歩や焼香のパフォーマンスをしたのかについての話題でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。