血まみれスケバンチェーンソー実写映画化!原作のあらすじは?

『コミックビーム』で連載中の三家本礼さん原作のマンガ「血まみれスケバンチェーンソー」が実写映画化することがわかりました。hlklkhlk;

血まみれでスケバンでチェーンソー??

いったいどんなマンガなのか気になりますよね。

実写映画化するということでなんと主演を務めるのは仮面ライダードライブのヒロインを演じていた内田理央さんだとわかりました。

仮面ライダードライブでは婦警さんを演じて可愛いと話題になっていた彼女。

今度はなんとセーラー服にふんどしとゲタを履き、血まみれになりながらチェーンソーを振り回す役。
アクションだというのですがまったくどんな感じになるのかわかりません。

映画の放送日などの詳細や原作がどんな話なのかあらすじなどをお伝えしようと思います。

血まみれスケバンチェーンソー実写映画化の公開はいつ?

そんな血まみれスケバンチェーンソーの主演を務める内田理央さんが、

「タイトルの通り…セーラー服にふんどしとゲタを履き、血まみれになってチェーンソーをぶん回してきました!!!重さ4キロのチェーンソーとゲタでのアクションは大変でしたが、皆さんがびっくりするような作品になっていると思います。原作の漫画を読んだ時の衝撃を、映画館で感じて頂きたいです」

と話しており、すでに撮影をしていると発表しています。

実写映画公日は予定としては2016年初頭としています。

気になる人はぜひ観に行きましょう。

原作のあらすじは?

hlk;jj;
そして原作はどんなマンガなのかのあらすじですが、

いきなり1巻では襲い来るゾンビをチェーンソーでバッタバッタと斬っていきます。

いったい何が起きているのかと言うと、幼稚園児たちを乗せたパンクしたバスを襲っていたゾンビから救うために主人公の鋸村ギーコがチェーンソーで戦っていたのです。

解体屋の娘でチェーンソーの扱いはお手の物なのでそのゾンビたちを殲滅します。

ですがそのゾンビたち、実はゾンビではなく改造死体にされた元同級生たちでした。

そして改造し生きる死体として意のままに操る首謀者も鋸村ギーコと同じクラスメイトの蒼井ネロでした。

居場所を突き止めた鋸村ギーコはけじめをつけさせるために蒼井ネロの刺客を倒しながら向かうのです。

というあらすじのゾンビスプラッターアクションマンガです。

試し読みで読みましたが、これ結構面白そうです♪
⇒試し読みはこちら

映画ではその爽快さやマンガでのテンポの良さを表現することができるのか、内田理央さんとはかけ離れるイメージの鋸村ギーコをどのように演じるのかが見所となりそうですね。

最後に

ゾンビと聞いてがっこくぐらしがすぐに思い付きましたがまったく違うジャンルの作品です。

なぜゾンビになっているのかという謎はすでに語られていて、主人公が悪の首謀者になったクラスメイトにけじめをつけさせるという目的もはっきりとしています。

そんな改造死体をバッタバッタと倒していくアクション要素が高い作品のようですね。

実写映画ではきっとその良さを存分に活かしたものになると思いますし気になっている人はぜひ映画を観に行きましょう♪

シロップ

最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。