ダンボーの写真家として活躍中のアリエル・ナデルって誰?

あずまきよひこさん原作のマンガ「よつばと!」に登場するダンボーを被写体にした写真集「365 Days of Danboard」の写真展が東京ソラマチ5階のスペース634にて9月11日から23日の間開催されますね。
,nmm,,m.bm,

ダンボーの人気は留まるところを知らずという感じですよね。

マンガの「よつばと!」は知らないけどダンボーは知っているという人も多いのではないでしょうか?
ダンボーはずっとAmazonのマスコットキャラだと思っていたという話も聞いたことあります。

違いますからね!
「よつばと!」に登場する夏休みの自由研究に作られたダンボールのロボットなんですから。
lkgjgj

作者のあずまきよひこさんもまさかここまでダンボーが人気になるとは思っていなかったでしょうね。

どこかベタですけど、形にされるとなんて可愛らしいんだとびっくりするキャラクターですよね。

そんなダンボーの人形を被写体にした写真集が出ていて、その人気ぶりから写真展なども開催されています。

その写真を撮っている写真家がアリエル・ナデルさんって言うんですけど、
どんな人なのかきになりますよね?

アリエル・ナデルさんについての紹介や以前発売されたダンボーの写真集などについて今回紹介したいと思います。
<h2写真家アリエル・ナデルってどんな人?

kh;ladlk;adlkh;

アリエル・ナデルさんはアメリカ人写真家さんです。

ジョージア州アトランタ市在住でディズニーランドの熱狂的ファンなんだそうです。

詳しい年齢などはわかりませんでしたが、ダンボーの写真集が発売された時は19歳だったということですので現在は23歳くらいではないかと思います。

ダンボーの写真を取るようになってから静物写真を撮るようになった写真家です。

これからもダンボーの写真をたくさん撮っていってくれるのではないかと思います。

ダンボーの日常を収めた「365 Days of Danboard」

アリエル・ナデルさんがダンボーのどんな写真を撮っているのかと言うと、

ユニークな視点からダンボーとダンボーたちの日常のきらめきをとらえるというコンセプトで癒されるようなダンボーたちの日常を写真に収めています。
kjjkggjklklgj

ダンボーを忠実に再現したフィギュアを使ってまるで家族のような感じですよね。

こんな感じでダンボーたちの日常が見られるのがダンボーの写真集「365 Days of Danboard」です。

2011年10月27日に発売されていて、その人気から写真展など現在も行われています。
⇒Amazon商品情報はこちら

最後に

ダンボーの写真を撮っている写真家アリエル・ナデルさんの紹介でした。

ダンボーの写真集も気になった人はぜひ購入して見てみてくださいね。

そしてよつばと!も現在連載が再開されるようになってファン待望の13巻の発売が見えてきました。

13巻の発売日予想や88話のネタバレなどを書いてます。
⇒よつばと13巻の発売日はいつ?88話のネタバレやあらすじは?

今後もダンボーの写真を撮っていくと思いますので気になるという人はぜひチェックしましょう。

シロップ
最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。