火ノ丸相撲62話のあらすじやネタバレは?読んだ感想も

火ノ丸相撲61話ではついに副将戦も決着が近いという引きで終わりました。
jkgjkhgghjkhgjhkjg⇒火ノ丸相撲61話のあらすじやネタバレは?読んだ感想も

部長が勝たなければその時点でダチ高の敗北が決定します。

”技”の差を”心”の差で埋めて、全国クラスの真田相手に部長は果たして勝てるのでしょうか?

ここからはあらすじやネタバレをしていきます。
まだ本編を読んでいないという方はご注意ください。

火ノ丸相撲62話「信じた道の終着点」。

さっそくいってみましょう。

火ノ丸相撲62話のあらすじやネタバレ

ついに勝負は土俵中央での力を振り絞ることができるかの純粋な力比べへと移行します。
kjgkjlgjlkjkg

息を止め合っての力比べでしたが、先に息が切れたのは前半に攻め続けた真田の方でした。
kljdakadklhadlkh

その瞬間、好機とばかりに小関が前に出ます。

真田にはある思いがよぎります。

”また繰り返すのか”と。

春の全国で真田が勝っていれば1年である沙田にチームの命運を任せることなく石高は勝っていました。

今の沙田を追い込んだのは天王寺の大将だけではなく、自分の責任もあると感じていました。
lkjdsaslkadlkh

(また後輩に背負わせるのか!?)

(死んでも御免だ!!)

そして土俵際、渾身の力で”うっちゃり”を繰り出し小関を払おうとします。
klhajlkadlkkla

ですが小関も真田より先に身体が地面に触れてなるものかとしがみつきます。
klja;jlkafdjlkadl;k

勝敗は?
khljafflkaf;lk

ダチ高、小関の勝ちでした!!!

lkjlkj;afdk;l

真田がうっちゃる前にすでに真田の足は土俵から出ていました。

そしてついに戦いは2勝2敗と決着は大将戦に委ねられることになりました。

中学で体格という壁に阻まれ、そして這い上がった先でも久世草介に敗れ、それでもなお歩み続ける火ノ丸が今度は報われる番だぞと小関は言います。
khdfafkjhdkahjl

「報われる姿を見せて欲しい」という言葉をそっくりそのまま返すと。

そしてついに大将戦が始まります。

ここで火ノ丸相撲62話のあらすじやネタバレは終わりです。

読んだ感想は?

正直部長の小関が勝つことは予想できていたものの、真田が最後まで沙田に責任を背負わすなんて死んでも御免だと力を振り絞って最後まで諦めない姿がしっかりと描かれていたので良かったです。

小関の真田にしがみつく殺気のある表情は今までになく迫力のある顔でこれもまた良かったですね。

「報われて欲しい」というのセリフを小関は勝ってから火ノ丸に言いたかったんだろうなとこの時思いました。

そしてどうにか勝つことができ、あとは火ノ丸にすべてを任せられるという思いでチームの命運を火ノ丸に託したんだと思います。
giggjkgjlk
一方沙田も天王寺に負けてからいろんな思いがあったでしょう。

それが火ノ丸との戦いで爆発するんだと思うとワクワクが止まりませんね。

次話に期待しましょう。

火ノ丸相撲62話のあらすじやネタバレでした。

シロップ

最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。