食戟のソーマ132話のあらすじやネタバレは?読んだ感想も

食戟のソーマ131話では総合売り上げでは久我先輩に敵わず悔しがる幸平に第2席の小林竜胆先輩が現第1席の司瑛士の模擬店に行かないかと誘ってきます。
gagada⇒食戟のソーマ131話のあらすじやネタバレは?読んだ感想も

そしてさらにはえりなの父親がえりなの模擬店に登場します。
ですが様子がおかしかったですよね?

ここからはあらすじやネタバレをしていきます。
まだ本編を読んでいないという方はご注意ください。

久我先輩が幸平の食戟を受けてくれるのかについてはまだわからないと思いますが、今回は現第1席の司瑛士の料理がどんなものなのかを幸平たちが体験するお話となっています。

食戟のソーマ第132話「第一席の力」。

早速いってみましょう。

食戟のソーマ132話のあらすじやネタバレ

gjhjjhhjjhkkhgj

132話で父親と名乗る男性とおびえるえりなが描かれていますが、話は次に持ち越しでした。

変わって幸平たちは司瑛士の模擬店がある中央エリアに到着します。
jkjjkghjkghjkgl

まるで別世界の中央エリア。

客層の違いでほとんどの客が敷地内の遠月リゾートなどに宿泊するため、中央エリアではコースディナーを夜でも提供しているということです。

そして店に入るとまるで司先輩だけにスポットライトが当たり、一人で料理をしている姿がありました。
jkashjlkafdhjlkadjlk

そして客席はなんとたったの3テーブル。
なぜなら料理を作るのは司先輩だけだからです。

理由は単純で他人に仕事を任すのが怖くてできないからです。
klakasdkkahjl

しかしたった1人でコース料理9品というありえない作業量を1人でこなすというさすが現第1席といったところ。

そして出てきた料理を口に運ぶと…。
kjlaskaadlkkl
一瞬時が止まり真っ白な世界へと飛ばされます。

そしてどの料理も生きていたときよりも鮮烈に素材の姿が迫ってくるような感覚に襲われます。

そして小気味よくリズムを変えつつ全体の調和を乱れない一品で完結する料理とは異次元の難易度であることを幸平は感じます。
iugjkjlkhjlk

そして司先輩は料理には”自分”は要らないんだと話します。

素材の良さだけをひたすらに突き詰めてひたすらに研ぎ澄ます。

それが自分を表現することに繋がる。

それが司瑛士の料理だと。

世間の食通たちからは【食卓の白騎士】と呼ばれるようになったそうです。
kjjkjkggjlk

気弱そうに客に気を使い過ぎる司瑛士なのですが、一度も「味はどうだったか」については訊きませんでした。

それに気付かされて田所は寒気が走ります。
lkajlkadjlkhlkhj

素材を扱うことへの絶対的な自負と自信を持つ、それが現第1席”司瑛士”でした。
jhkalkhjadkjlhjh

そして幸平たちはもっと見て回りたいとなきりの店へ行くことにしますが、そこにはなきりの父親がいました。

いったいどんな出会いとなるのか…。

ここで第132話のあらすじやネタバレは終わりです。

第132話読んだ感想

司先輩は小林竜胆先輩から「もっと司の熱がのってる皿を味わってみたい」と言うと首を振っています。
klahakhjlj

久我先輩の食戟を軽く受けたころは、今と違い食材を極限まで生かす料理ではなかったということだと思います。

もしかしたら食材の限界をどこまで引き出せるのかという実験みたいなことをずっとしていたようなマッドサイエンティストのような料理人だったのかもしれませんね。

いつか語られるときがくるのか楽しみです。

そしてなきりと父親の対面で、なぜそこまで怯えているのかが次話明らかになるようです。

幸平たちにとっても衝撃の出会いとなるようなのでこれはとっても楽しみですね。

食戟のソーマのあらすじやネタバレでした。

シロップ

最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。