乃木若葉は勇者であるはゆゆゆの続編?イラストノベル連載はいつ?

テレビアニメ「結城友奈は勇者である」略して「ゆゆゆ」の続編となるのか「乃木若菜は勇者である」のイラストノベルが連載されることが決まりました。
yyyyyyyyyyyyyy

ゆゆゆは、
2014年に展開する「タカヒロIVプロジェクト」の第4弾として登場したプロジェクト第3弾『鷲尾須美は勇者である』の2年後の物語です。

そして今回も企画原案のタカヒロさんということで「乃木若菜は勇者である」はゆゆゆの続編ということで間違いないのではないかと思います。

テレビアニメが放送終了時には「結城友奈の章」が終わりと続編を匂わす終わり方ですぐに第2期はないのかと話題になりましたがついに出てきましたね。

それがなんとイラストノベルを連載するということになりました。

そんなライトノベル連載が決定した「乃木若菜は勇者である」はどこで見られるのかまたいつ連載開始なのか気になったので調べてみました。

「乃木若菜は勇者である」ティザーサイトオープン

ppppppppppppppppooi
なんとイラストノベルが連載開始されるだけではなく、ティザーサイトもオープンしました。
これはしっかりした作り込みが見られるので内容もそうですがアニメ化も期待できるのではないでしょうか?

ティザーサイトはこちら

ティザーサイトでは”瀬戸内海を見つめていた”とやはりまだ世界は変わっていないようで、ゆゆゆと言えばやっぱり四国ですよね。同じ舞台でのお話になるようですが本当に続編となるのかについては今後のイラストノベルを読んでいかないとわかりませんね。

イラストノベル執筆にはTVアニメ『アルスラーン戦記』の各話脚本に携わっている朱白あおいさんということで、いったいどんな内容になるのか今から楽しみですね♪

イラストノベルはどこでいつから読める?

そして気になるイラストノベルは7月30日発売の電撃G’s magazine9月号で読むことができます。

ゆゆゆの「タカヒロIVプロジェクト」の第4弾もこの電撃G’s magazineが発祥で、テレビアニメ終了後には2015年3月号におまけエピソードとして「その後の園子」も掲載されていました。
071dc1dd-s出典:http://yuyuyu.publog.jp/archives/21569304.html

テレビアニメでは勇者の先輩であった園子がどうなったのかについては供物が返され、立ち上がった園子しか描かれておらずわかりませんでしたがこちらで語られており、その後同じ学校へ入学し勇者部へ入部して一緒の時を過ごしていくこととなりました。さらには勇者システムは供物を必要としない量産化へと移行し勇者も量産できる形へとなったようです。その代わりに勇者は以前よりも弱いということです。

アニメしか見てない人はわからなかったかもしれませんが乃木園子って金髪だったんですよ。
周りは夕日で顔は包帯巻いてましたしわからないですよね…。

今後描かれる主人公の乃木若菜がどのような境遇なのかはわかりませんが、そもそも西暦に関する明確な描写がなかったと思うんですがいきなり2018年という具体的な年数がティザーサイトには書かれていますが時代も違うんでしょうか?

乃木という苗字が園子と同じですが関係性はあるのでしょうか?
髪の色は近いですかね(笑)

この辺りは読んでみないとなんとも言えないですね。
すっごく気になります。

最後に

ついにゆゆゆの続編とも言える話が描かれるということですっごく楽しみです。

これはもうアニメ化待ったなしなんじゃないかと思うんですがとりあえずはイラストノベルからということになりました。

イラストノベルということで絵もすごく気になります。

時代が違うのか2018年と明記されていますが、ゆゆゆで登場したキャラクターはもう出ないのか、それとも西暦に換算していなかっただけで神世紀300年とは2014年のことだったのかはちょっとわかりませんね。

今後の内容が気になる方はぜひチェックしてみましょう。

シロップ

最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。