とと姉ちゃんの原作やあらすじは?脚本の西田征史やヒロイン情報も

6月26日にNHKは2016年度前期連続テレビ小説の制作会見で「とと姉ちゃん」(月~土8:00~)を発表しました。
eophh↑脚本を担当する西田征史さん(40)

来年4月4日からスタートする連続テレビ小説として話題になっている「とと姉ちゃん」ですが、まず「とと姉ちゃん」の「とと」とは何のことなんでしょうか?

どんなあらすじやストーリーなのかも気になりますよね。

そして「とと姉ちゃん」は原作というかモチーフにした作品があるということなのでそちらも気になります。

今回で朝ドラは94作目になるということですが、2013年には「あまちゃん」の能年玲奈さんはとっても人気になりました。なので今回はどんなヒロインなのか、また誰がヒロイン役を務めるのかにも注目が集まると思います。

そんな気になることだらけの「とと姉ちゃん」について原作とも言えるモチーフやあらすじ、さらには今回脚本の西田征史さんやヒロインについての情報などをお伝えします。

とと姉ちゃんの原作やあらすじは?

気になる原作ですが、戦後に100万部近い販売部数を誇った生活総合誌「暮しの手帖」の創業者・大橋鎭子さんをモチーフにしているということです。
d0017381_2161141
つまり描かれている時代が戦後なのです。
そしてあらすじとしては、父親をなくし女性だけになった家族が激動の戦前戦後である昭和を強く明るくたくましく生きる中で自分たちの生活の中で一冊の本を制作し起業していくという戦後の女性の暮らしなどに焦点をあてたストーリーのようです。

脚本の西田征史とは?

今回脚本を担当する西田征史さんは、
ドラマ&映画『怪物くん』『妖怪人間ベム』などの脚本を務め、初のオリジナル小説である「小野寺の弟・小野寺の姉」は自ら舞台化しさらには映画化となり自身で原作・脚本・監督を務めて第39回報知映画賞・新人賞を受賞しています。
img_main
西田さんは、朝ドラを書くのが夢だったと語っており今回の作品への熱意があるのが伝わってきます。

今回初の朝ドラということでどんな内容になっているのか気になりますね。

今回のヒロインはどんな女の子?

そしてヒロインはどんな女の子なのかというと、
早くに父親を亡くし女性ばかりの小さな家族で長女というのが今回のヒロインになります。

そして今回のヒロイン像は、「パワフルな感じ」と実は題名の「とと」とは父親という意味があり父親の代わりになって家族を守っていける強さや起業していく力がある女性が今回のヒロインとなります。

そしてそんなヒロインを誰が演じるかについてですが、実はまだオーディション中ということで発表は8月になるそうです。

なので気長に待ちましょう。

最後に

来年の朝ドラ「とと姉ちゃん」の紹介でした。

今後ヒロインのオーディションが行われ誰がヒロイン役になるのかも決まりますが、一躍脚光を浴びてまた人気者になりそうですね♪

そして脚本の西田征史さんがどのような内容のお話にするのかもとても気になります。

来年の4月スタートということでまだまだ先ですが今後の情報をチェックしていきましょう。

シロップ
最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。