「ゼロサムWORD」休刊!打ち切りやボクラノキセキの移籍先は?

奇数月の16日ごろにされていた「ゼロサムWORD」が休刊すると発表がありました。
uuiu

ゼロサムWARDの前身となる「WARD」のVol.1は2003年8月に発売。
2008年には隔月刊化され、峰倉かずや「最遊記外伝」、おがきちか「エビアンワンダーREACT」、あき「オリンポス」などが連載されていました。

ゼロサムWORDにはテレビアニメ化した「ボクラノキセキ」など連載されているマンガがありますが、休刊するということで今後どうなるのかについても発表されています。

移籍先がある作品などはそのまま連載を続けられますが、休刊するのに合わせて打ち切りや最終回を迎える作品などもあります。

現在は電子書籍などが雑誌よりも好まれるようになり、だんだんと雑誌が発行されなくなってきていますね。

それにより作品が打ち切られるのは漫画家としても読者としても悲しいことだと思います。

今回のゼロサムWORDの休刊により今後どうするか発表された内容をまとめました。

他雑誌、オンラインに移籍や完結など

今回の休刊で、
・久米田夏緒「ボクラノキセキ」は月刊コミックZERO-SUM(一迅社)に移籍
coverFWUclIF8出典:http://www.ichijinsha.co.jp/zerosum/

・峰倉かずや「WILD ADAPTER」
・高河ゆん「佐藤くんと田中さん -The blood highschool」
・高山しのぶ「ハイガクラ」
・あき「アルオスメンテ」
・保坂歩原作による蓮見ナツメ「噂屋」
はWEBマガジン「ゼロサムオンライン」にて連載することになりました。

・冬芽沙也「最果てのアオ」
・やましろ梅太「針はあけぼの糸をかし」
は描き下ろしを収録の上、単行本で完結します。

・二宮愛原作による片桐いくみ「調律葬交 Zyklus;CODE」
・松永空也「ユリイカ症候群」
・片山愁「Mein Ritter ~私の騎士~」
・水月博士「Dracul」
・なるしまゆり「BALLAD~バラッド~」
は今号で最終回を迎えることとなりました。

・乾みく「緋の纏」
は今号も作者体調不良のため休載。
今後の連載予定は確定次第、月刊コミックZERO-SUMにて告知される予定です。

ということで実際に他雑誌に移動するのは「ボクラノキセキ」だけということになりました。

最後に

マンガ雑誌が次々となくなっていくのは悲しいことだと思います。

ですが逆に電子書籍などネットのオンラインでのマンガ作品が増えてきたはそれはそれで良いことだと思います。

これからもさらに雑誌の休刊があるのではないかと予想できますが、自分が好きなマンガの連載が終わってしまうというのはやっぱり悲しいので、その場合は連載できる場所を確保してほしいなとは思いますね。

シロップ

最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。