張本智和は日本人じゃない?ポーズの名前や叫び声も気になる!

卓球の張本智和選手が2016年リオデジャネイロ五輪金メダリストで現世界チャンピオンの馬竜選手(中国)を倒したと聞いて、そんなすごい日本人がいるなんてすごいと思いましたね。

しかも年齢は14歳とか、本当に将棋で藤井聡太さんがすでに7段という信じられない昇段を果たしているなど日本で天才が現れる世代なのではないかとワクワクしていましたがなんと張本智和選手は純粋な日本人ではないというのが調べていてわかりました。

つまり両親が日本人ではないんですよね。

張本智和選手がなぜわざわざ日本に帰化して日本国籍を取得したのか気になりますよね。

本当は純粋な日本人ではないというのなら日本人として応援するのもちょっと微妙だという人もいると思います。


大阪なおみ選手はテニスで実力もあって最近話題になっていますよね。

大阪なおみ選手はまあ確かにインタビューでは片言なので日本人っていうのはどうなのと言いたくなるのはわかりますけど、張本智和選手は普通に日本語ペラペラなんですよ。

いったいどんな選手なのか気になるという人もいると思いますので、なぜ日本に帰化したのかや対戦中の叫び声やポーズの名前なども話題になっていますので紹介したいと思います。

これを見終わったときには張本智和選手を応援したいと思ってもらえるといいなぁ。

スポンサーリンク

張本智和が日本に帰化した理由は?

張本智和選手が純粋な日本人じゃないということについてです。
出典:http://www.jprime.jp/articles/-/11564

それは張本智和選手の両親が2人とも中国人で中国籍なんですよね。

父親は男子ジュニア日本代表コーチの張本宇さんで、母親は世界卓球選手権の元代表選手である張凌さんで2人とも中国では有名な卓球の選手で張本智和選手はそのサラブレッドというわけですね。

両親は日本でコーチとして呼ばれて結婚し、仙台ジュニアクラブのコーチとして日本で生活している中で張本智和選手が生まれて2歳ですでにラケットを握ってラリーをしていたと言います。信じられないですね。

仙台ジュニアクラブと言えば福原愛選手も所属していたところです。

そして日本で生まれて日本で育った張本智和選手にとって、故郷は当然と言えば当然なのですが日本なんですよね。

小学校4年生のときにその思いを両親に打ち明けて父親と一緒に「張」から日本の姓である「張本」へ帰化して、現在日本人として張本智和選手は日本を背負って戦っているというわけです。

確かに生まれたときは日本人ではなく、両親は中国国籍でしたが生まれは日本で育ちも日本。

これはもう日本人でしょう。
中国が故郷などと誰が言えるんですか住んでいたこともないのに。

日本人として応援することに私は何の抵抗もありませんし、張本智和選手が頑張って戦う姿に熱くなりました。

中国国籍の王貞治監督が日本代表の監督を務めているようなものですよ。全然違和感ないというか応援しますよそりゃ。

今後張本智和選手が東京オリンピックで日本代表として素晴らしい成績を残すことは間違いないと思っていますので、すごく期待しています。

張本智和のポーズには名前がある?

そしてさらに張本智和選手と言えば対戦中に叫び声をあげながらする喜びを体で表現するポーズも話題になっています。

そのポーズはこんな感じ。
出典:http://bluestar-journal.com/archives/3448

なんだこの仰け反り具合(笑)

このまま後ろへひっくり返ってしまいそうですよね。

張本智和選手がやるこのポーズの名前が実はもう存在しているんですよ。

一度やったきりじゃなくて、対戦中だったり試合に勝った時の表現としてこんな感じのポーズだったり、地面に膝をついて同じように体を仰け反らせていたりと結構やっていますのでぜひ対戦を見てみてください。

馬竜選手に勝ったときは嬉しすぎてその場にうつ伏せで寝てましたけどね(笑)

このポーズの名前は「ハリバウアー」というらしいです。

あぁ…張本のハリとイナバウアーで「ハリバウアー」と、なんか納得ですね.

このハリバウアーもそのうち有名になりそうですが、違う名前に改名の可能性もあるかもしれませんね(笑)

張本智和選手がチョレイと叫び声をあげている?

そして張本智和選手は喜びを表現するときにあげる叫び声も話題です。

見ている人にはうるさいという声もよくあります(笑)


まぁ福原愛ちゃんでいう「サーッ」と一緒ですよ。
相手選手をバカにしているわけでもないですし、うるさすぎるのはまだ14歳ですから許してあげて(笑)

さらになぜか張本智和選手は叫びの中に「チョレイ」と言います。

チョレイってなんだろうと思って調べてみたんですけど、実はチョレイと張本智和選手が叫ぶのは自然と出てくるだけで特に意味はないんだそうです。

友達からチョレイって何と聞かれたときもどう答えたらいいのかわからなくて困ったそうです(笑)

なぜか知りませんが嬉しさを表すときにチョレイと言ってしまうようで、結構な頻度で言います。

 

チョレイと聞こえるということですが、よくよく聞いてみると「シャーッ」と言っていて、区切ろうとして「ッエイ」と言っているように聞こえますよね。

それを省略してたらチョレイになったんじゃないでしょうか?

途中「ダー!!!」とか言ってるし(笑)

ですのでチョレイというのは好きに叫んでいたら勝手にチョレイという感じに叫ぶようになっていたという感じですね。

相手のことが「チョロい」とかそういう意味合いに聞こえるという人もいますが、全然違いますしマナーがどうこう言っている人もいますが真剣勝負で熱くなっていて出た喜びの表現方法というだけですから煽っているわけでは決してないと思います。

まあ負けた人がイラつくんじゃないかと思うのはわかりますけどね(笑)

最後に

今話題の天才卓球選手である張本智和選手でした。

14歳ですでに世界トップの実力を持っているということで、信じられないという思いばかりなのですがこれからの成長にも期待したいですね。

確かに帰化しての日本国籍ではありますが日本生まれの日本育ちの日本人ですよ。

日本人として頑張りたいという本人の思いを考えてあげて、応援してあげてもいいんじゃないかと思います。

叫び声がうるさいのは否定しませんので、うるさいから応援しないというのならしかたないですね(笑)

今後も話題になると思いますので注目していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。