【シージ】海岸線防衛の強ポジでランクマを勝ち抜こう!【R6S】

みなさんシージのランクマはやっていますか?

6月に新オペレーターも追加されますし、新しくシーズンも変わってまたランクマリセットなので1つ1つしっかりと勝ってランクを上げていきましょう。

今回は海岸線の防衛の強ポジ紹介です。

海岸線が追加されたときは、なんだこのクソマップはと思いましたがやっていくに連れて奥が深いマップだということがわかりましたので最近では結構好きになりました。

海岸線は中央が屋上まで吹き抜けになっていて、それを囲うような建物の構造は立体的な感じとなり、どちらから敵が攻めてくるのかの予想が難しいマップとなります。

そんな海岸線の私なりの強ポジを紹介したいと思います。

まだこれからランクマに挑むという人や初心者の人の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

海岸線のランクマ防衛の強ポジはどこ?

それでは海岸線のランクマ防衛での強ポジを紹介していきます。

基本的にというかまず間違いなくランクマ防衛では最初に選ぶのは、ペントハウスと劇場ですよね。

まずはこちらの強ポジ。

これは劇場の入り口からVIPルームの壁に穴を開けて奥の窓を見ています。

これの強いところは奥の方でリーンして左半分だけ見ていれば敵からはあまり見えないので先手を取れます。

窓から入ってくる際も当然乗り込む動作が入るので撃ち返すのは遅れます。

ですが撃ち合うのは結構危険で、外からラぺリングしていたりグラズで狙ってきた場合はルークなどのACOGではヘッドに入れないと勝ち目はないのでずっと覗いているのはやめましょう。あくまでけん制して体力と時間を削ることを意識しましょう。

さらに合わせて強ポジとなるのが、

ペントハウスの入り口をしゃがんで爆弾の横から見ます。

するとほとんど敵が覗いてきてもわかりません。
相手がしゃがんで頭を出したところを撃てば1撃ですのでかなりの強ポジです。

立つ場合は爆弾の左から見ていると同じように相手からは見えないのでおすすめです。

続いてはこの強ポジ。

これはペントハウス内で爆弾越しに外のラぺリングを警戒しています。

ベッドの横の棚の前にふせています。

これの強いところは、ラぺリングしてきてバリケードを割ってきた際に撃てばまず相手からは位置が掴めないところですかね。

爆弾の間から撃って相手のヘッドを抜くことを意識します。

あまり居過ぎるとじっくり見られたり、フラグを放り込まれたりするので間合いを計って位置を変えましょう。

続いての強ポジはキッチンと勝手口の拠点から。

これはある程度相手をけん制してから使って欲しい強ポジなのですが、実はこれ勝手口の机の前で寝そべって顔を出してくるのを待っています。

ある程度相手が顔を出すと撃たれると思わせて一旦入り口前から覗かせないようにしたら、すぐに机の前に移動して相手がまた覗いて来るのを待ちます。

まず間違いなく相手は奥だったり、トイレへと繋いだ穴などを警戒しますので気付きません。

しっかりとヘッドを抜いてすぐに後退しましょう。

最後に

今回はシージの海岸線ランクマ防衛時の強ポジについてでした。

海岸線は攻撃側は縦横無尽にどこからでも侵入できますし、ラぺリングしながらの撃ち合いはどこも有利なので防衛は難しいですよね。

防衛の際には相手に読まれないようにして、相手のスキをつくという戦いが望ましいですね。

その中で自分なりのランクマでの強ポジを築いていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。