ちゃおチューブ中身の成分の危険性は?値段や販売場所について

ちゃおチューブというまるで練乳を思い浮かべるような赤い色のチューブに猫が飛びついている姿をCMで見かけたんですけどすごいですね。

このちゃおチューブなんですが、
本当にどんな猫も信じられないくらい飛びつくようにガッついてちゃおチューブを舐めるんですよね。

なかなか素っ気ない猫が可愛らしく寄ってきたり鳴いたり、舐めている姿は本当に可愛いです。

ですがこんなに猫が夢中になるなんて、
本当に中身の成分に危険性のある物質が入っていたりしないんでしょうか?

こんなものがあるなんて知らなかったという人もいるのではないかと思いますので、危険性がどれだけあるのかということと詳しい値段や販売場所などについても紹介したいと思いますので良ければ見ていってください。

スポンサーリンク

ちゃおチューブ中身の成分の危険性は?

それではこの猫が夢中になって舐め続けるちゃおチューブの成分に危険性があるのかについてです。
出典:https://search.rakuten.co.jp/search/mall/

今回のチャオチューブは、
前に発売していた使い切り14gのちゃおちゅーるというもののチューブタイプで手が汚れる心配もなくさらに使いやすくなった猫の間食用おやつです。

これだけ飛びついてくるなんて猫が好きなマタタビだったり怪しい成分などが含まれているのではないかと疑ってしまいますよね。

前に発売されていたちゃおちゅーるは、
およそ88%が水分でした。
残り9%がたんぱく質、残り2%は脂質やビタミン・ミネラルという成分でした。

そしてその中でも猫に良くない危険性のある成分があるのかについてですが、

増粘多糖類・紅麹などは発ガン性が認められる原料ではないかと言われている成分ですね。

さらに記載には調味料と書かれているのが、
アミノ酸などと書かれている部分が怪しい危険性のある成分が入っている可能性がないとは言えないですね。

アミノ酸はいわゆる化学調味料の一種でようは食品添加物です。

食品添加物は人間でさえ多く摂らない方が良いと言われているものですよね。

それを猫がたくさん摂取するのはそれは良くないことだというのは誰にだってわかります。

なので危険性としては、
あげすぎることで食品添加物などの大量摂取につながったり、発ガンの可能性が出てくるかもということです。

ですが保存料などを使っているわけではありませんのであげすぎなければ問題ないのではないかと思いますし、あげていて問題があったという話も今のところありません。

内容量としては80gで、
およそ15g以上で1日あたりの塩分とカロリーが高くなってしまうと思いますので5日くらいに分けながらおやつとしてあげるのが良いと思います。

一番の危険性としては、
ちゃおチューブをあげすぎることで太りすぎてしまったりと猫の栄養が偏ることだと思います。

飛びついてきたりおねだりしてくるとは思いますが、あげすぎないようにしましょう。

ご飯ではなく間食用のおやつですからね。

ちゃおチューブの値段や販売場所は?

ちゃおチューブはあげすぎなければ問題ないという話をしましたが、実際にちゃおチューブをあげているという人たちからは悪い話は聞きませんね。

弱っていてご飯もなかなか食べなくなってしまったという猫が、ちゃおチューブなら舐めるようにして食べてくれたから良かったという良い話までありました。

美味しいのがわかっているので、置いておいたら爪で穴をあけようとしたり頑張ってたなんてこともあるようですのでちゃおチューブの保管場所には注意が必要ですね。

基本的には冷蔵庫などが良いかと思います。

そんなチャオチューブですが、
楽天などでは300円くらいの値段で売っていますね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チャオ ちゅーぶ 総合栄養食 とりささみ 80g
価格:298円(税込、送料別) (2018/6/1時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チャオ ちゅーぶ 総合栄養食 まぐろ 海鮮ミックス味 80g
価格:298円(税込、送料別) (2018/6/1時点)

 

 

種類もいくつかあって、とりささみは食べなかったという人もいるみたいですがマグロはものすごく飛びつくように食べる猫が多いようです。

毛玉配慮のものもありますね。

販売場所としては、
スーパーなどでも普通に売っているようです。

ですが大人気商品なので売り切れてないことも多いのではないかと思います。

多くそろえているところを考えると薬局を回ったり、ホームセンターならば必ず置いていると思いますので置いているところを探してみてはどうかなと思います。

Amazonなどでは売り切れなどの影響で値段が跳ね上がっているものなどもありますので値段を確認してから買うようにしましょう。

最後に

あまりにも猫が欲しがるので怪しい成分などが入っているのではないかと思ってしまうちゃおチューブ。

一番の危険性としては美味しそうに食べる猫についついあげすぎてしまうことが一番問題な点なのではないかと思います。

実際に調味料などは食品添加物が含まれているのではないかと思いますし、塩分やカロリーも間食としてあげすぎてしまっては猫が太りすぎてしまったりして栄養の偏りが出てきてしまうことにつながります。

ですがチューブなので手を汚さずに、あげたい分だけをお皿にあげたりできるのでとっても良いおやつだと思います。

気になっているという人は、たまに少しずつあげるおやつとして猫に買ってあげましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。