戦闘中5月13日の結果速報!次回の予定や情報はないの?

戦闘中が19時から放送されています。

チームそれぞれ出演者がアスリートやアーティストなど様々なのでどんな結果になるのかなど楽しみですよね。

毎回ルールというかステージ構成などが違ったりしていて、どんな戦いになるのかも楽しみなところですが実際に番組を見ていないという人や途中までしか見れなかったという人は5月13日の最後どうなったのかなど結果が気になるのではないかと思います。

今回は初のユーチューバー出演ということでHIKAKINさんも参加ということで気にしている人も多いのではないでしょうか?

逃走中の鬼ごっことは違い、バトルボールを当てられたら失格ということで番狂わせや大逆転も多いにありますからね。

今回わかる範囲で結果を書いていこうと思いますので良ければ見ていって下さい。

スポンサーリンク

戦闘中5月13日の結果速報

チームは4チームに分かれています。
日の丸ヒーローズチーム(赤チーム)
春日俊彰(オードリー)
栗原嵩
田中光
本並健治
保田賢也
渡邉拓馬

伝説ベースボーラーズチーム(青チーム)
石井一久
片岡安祐美
鈴木尚広
中村紀洋
槇原寛己
宮本和知

熱血芸人チーム(緑チーム)
亜生(ミキ)
あばれる君
尾形貴弘(パンサー)
加藤歩(ザブングル)
小宮浩信(三四郎)
庄司智春(品川庄司)

闘魂アーティストチーム(黄チーム)
野村祐希
HIKAKIN
FISHBOY
松浦司
宮田俊哉(Kis-My-Ft2)
横尾渉(Kis-My-Ft2)
※以下敬称略

第1ステージは隠されているボールを探し出し、制限時間内に忍を乗り越えてゲートをくぐれるかというステージ。

当然忍にボールを当てられれば失格です。

赤チームはまさかの春日失格。
青チームは全員クリア。
緑チームは庄司失格。
黄チームは全員クリア。

第2ステージは助っ人を追加メンバーとして補充できるかというステージ。

当然忍も潜んでいてバトルボールを当てられれば失格です。

赤チームはみちょぱゲット。
青チームはイケメン俳優佐野岳をゲット。
緑チームはお笑いコンビのバイきんぐ西村ゲット。
黄チームはソフトボール経験のあるダレノガレ明美ゲット。

第3ステージはついに対人戦に突入。
攻撃側と防御側に分かれて攻撃側は右か左か攻撃を選択し、防御側は大きな盾でそれを防ぎます。

防御できずに当たってしまえば失格です。
ボールを渡す人もどっちに渡したかが演技力も試されます。

まずは赤チームが攻撃、緑チームが防御で防御成功。
次は攻守交替で緑チームが攻撃で赤が防御で失敗し渡邉拓馬失格。

次は黄チームが防御で青チームが攻撃側で防御失敗しFISHBOY失格。
次は攻守交替で青チームが防御失敗し槇原寛己失格。

第4ステージは足つぼバトル。
真ん中にあるボールを足つぼの激痛に耐えながら先に奪いバトルボールを当てられれば勝利。

青チームと緑チームの対戦。
1人目、2人目を選択し対戦します。
中村紀洋vsミキ亜生は中村紀洋勝利。
片岡安祐美VSザブングル加藤はザブングル加藤勝利。

赤チームと黄チームの対戦。
赤チームはみちょぱ、栗原嵩。
黄チームはダレノガレ明美、宮田俊哉。
ダレノガレ明美VSみちょぱはダレノガレ明美勝利。
宮田俊哉VS栗原嵩は宮田俊哉の勝利。

第5ステージは脱落者でのみ行われる復活バトル。
3枚の復活カードを奪い合いですがカギを探し出し、仕掛けのある坂を登り切ってカギを開けないといけません。

しかも坂の上からの大砲に当たれば即失格です。
復活は栗原嵩、ミキ亜生、FISHBOY。

第6ステージは一騎打ち。
代表者2人出て、エリア4つのボールを奪い合ってどちらか勝つまで続けます。

黄は横尾渉、HIKAKIN。
緑はあばれる君、小宮浩信。

横尾渉VSあばれる君はあばれる君勝利。
HIKAKIN VS小宮浩信はHIKAKIN勝利。

青チームは佐野岳、
赤チームは保田賢也。
赤チームは負けた瞬間敗北で決勝には進めません。
ですがここは保田賢也勝利。

栗原嵩VS鈴木尚広は栗原嵩の勝利し、青チームは脱落となりました。

決勝ステージは忍の森を早く突破するタイムアタックです。

上位2チームが決勝進出ですが、忍やクロウにやれれば失格です。

まずは緑チームがチャレンジ。
タイムは9:36でなんと生き残ったのはパンサー尾形とあばれる君のみ。

赤チームのチャレンジ。
タイムは9:45で生き残ったのはなんと栗原嵩のみ。

最後に黄チームのチャレンジ。
なんと5人残ってクリア。

そして上位2チームは緑と黄となりました。

最終決戦は敵の大将を撃破すれば勝利のバトル。
先鋒はパンサー尾形VS宮田俊哉。
勝ったのはパンサー尾形。

そのままパンサー尾形は連戦で黄チーム大将は野村祐希。

なんとここもパンサー尾形が勝利し優勝は緑の熱血芸人チームとなりました。

戦闘中の次回の予定や情報はないの?

今回戦闘中の放送は2年ぶりとなります。

次回が開催されるか気になるという人は多いのではないかと思います。
.
実際に次回の戦闘中が放送されるのかについては番組の視聴率次第ということになりそうですね。

今までの放送回は9回。
2012年3月31日
2012年5月19日
2012年10月14日
2013年4月7日
2013年6月30日
2014年1月12日
2014年7月13日
2015年1月4日
2016年5月15日

そして今回が2018年5月13日の放送となりました。

今回の放送を見ていましたが、チーム同士の連携が試されるという勝負ではなく生き残りバトルという感じとなりました。

タイムアタックなど一騎打ちなどが多用された感じになり、最後の決勝も生き残り人数など関係ない一騎打ちの大将を倒せば勝ちという勝ち抜き戦となりました。

逃走中などからあるチーム同士の入り乱れてのごちゃごちゃ感で何が起こるかわからないというのが面白さだったのではないかと思っており、今回はあまり視聴率としても伸びなかったのではないかと勝手に予想しております。

第6回から視聴率10%を切っていて、今回もあまり視聴率が取れていないのならば次回もまた2年か3年後にやれれば企画されるという形になるのではないでしょうか?

残念ながら次回の予告などもありませんでしたし、次回をやるという話もありませんね。

ですが逃走中のころから視聴率8%でも継続して番組放送していましたし、また企画されることも十分にあると思いますので続報に期待したいですね。

最後に

今回の戦闘中の結果についてでした。

実際に次回がすぐに企画されるかどうかはわかりませんが、なかなか少ない予算で面白い企画というのも難しいですからね。

私としては今回は忍の強さやカッコよさというのがあまり目立っていなくて、入り乱れてのチームの戦いというのがあまりなかったので次回があるならぜひ混戦になるような企画を期待したいですね。

また続報があれば追記したいと思います。

こうした体を張った企画番組はとっても好きなので、今後もぜひ企画してほしいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。