フルーツバスケットアナザー20話の感想!あらすじやネタバレも

はいどうもシロップです。

フルーツバスケットアナザーが19日に更新されていたんですが、なかなか感想を書けずにいました。

前の更新から結構間が空いていたので続きが気になっていたのですが、前はいつ更新したんでしたっけ?

彩葉と志岐がデートしていて初々しかったのしか覚えてません(笑)

ですが今回の更新を見ると来週にもフルーツバスケットアナザーが更新されることが書いてありましたのでうれしいですね♪

前回の更新のコメントでクロさんから今回19日に更新していますよと教えていただきましたありがとうございます。

次回もできるだけ早くに書けるようにしたいと思います!

一応20話と書いていますが、今までの更新数を勝手にタイトルに入れていますので気にしないでくださいね。

あらすじのネタバレと感想を書いていますので良ければ見ていってください。

スポンサーリンク

フルーツバスケットアナザー20話のあらすじのネタバレ

前回の更新から結構間が空いてしまいましたが、話は草摩の別荘から帰ってからのお話になります。

いきなり彩葉の叫び声からスタートします。

「あああああああああぁぁぁ」

何が起こったのかというと、みんなとお化け屋敷に行ってあまりの怖さに彩葉が絶叫しているのでした(笑)

他のみんなは普段と変わらない感じでケロッとしているのですが、彩葉は怖すぎて、はじめの背中に顔をうずめる様にして服を引っ張ってビビりまくるのでした。

「先輩早く!早く進んでマッハで!高速で!」←彩葉のセリフです(笑)
「わかった!わかったから!」←はじめ
「いいよいいよぉ 彩葉っちいいよぉ いい声出てるよぉ」←昊

改めてなぜお化け屋敷に行ったのかですが、そろそろ学校では文化祭が近づいているということで昊のクラスでお化け屋敷をするので参考にしたいということでみんなで行こうとなったわけです。

彩葉はお化け屋敷に行くのなんて初めてで、誘われて気軽にOKしたのですが散々な結果になったみたいですね。

ちなみに昊はただ行ってみたかっただけなので全然参考にするつもりもなかったみたいですが(笑)

彩葉のクラスではコスプレなどをして撮影などができる「貸衣装屋」をやるそうです。

最近は母親が家にいることも多いので、早く帰らないととみんなと別れて草摩の別荘では楽しかったなと志岐も学園祭に来てくれるかなと考えながら帰りを歩いていると誰かに声を掛けられます。

「三苫さん…だよね?」

と同じくらいの女の子から声を掛けられ、誰かは最初はわからなかったのですが「小学生以来だよね」と言われてようやく小学校でのクラスメイトだとわかります。

今は彩葉が友達と楽しくやっているのを見て、その女の子は驚くことを彩葉に言うのでした。

三苫さんのお母さん難癖つけたりしてないのかね?まだ

当時、いきなり彩葉が友達に拒否されたのは彩葉のお母さんが友達にいちゃもんをつけてきたからだという事実がここで明らかになります。

当時はすごく傷ついたと話すその女の子の話を聞いて、彩葉はようやく母親にひどいことをされていたのに気付きます。

そして帰ると母親は今度は勝手に部屋に入っていて、文化祭の紙を見つけていました。

そこに書いてる会長の名前の草摩は、「あの草摩」なのかと聞いてきます。

どうやら彩葉は草摩の人たちと以前に関係があって、そして大けがをしたことがあるというのです。

母親は穏便に済ませたから許したというような言い方をしていますが、果たしてどのような関係があったのでしょうか?

彩葉は裏で何度も母親に嫌がらせをされていたことを改めて知って、どうしたらいいかわからなくなり両手で顔を覆って立ち尽くすしかありませんでした。

ここまでがフルーツバスケットアナザー20話のあらすじのネタバレです。

フルーツバスケットアナザー20話の感想

だんだんと彩葉も母親にひどいことをされていたというのを理解してきたという流れですね。

ですが冒頭のお化け屋敷での彩葉のビビりっぷりには正直笑いました(笑)

「がむしゃらに怖い!」とか叫んでいるんですが、今までの彩葉から出てくるとは思えないフレーズだったのでびっくりです(笑)

そして小学校の友達が何度か彩葉を見かけたから声を掛けたと彩葉に言って来るのですが、嘘ですねあれは。

どうしても彩葉本人に言ってスッキリしたかったんでしょうね。
いつ言おうか、言ってしまって良いのかと悩んでいて、それでも彩葉が今友達と仲良くしている姿を見て我慢できなくなったんでしょう。

「あたし謝るべき?」
というセリフが最後に出てくるんですが、本当は彩葉本人ではなく当時彩葉の母親に言うべきだと自分でもわかっているのに言えなかったことへの自分の後悔から来ているのでしょうね。いろいろな捉え方ができるでしょうが私はそんな風に見えました。

いや深読みしすぎなのかもしれませんね。
ただ単純に彩葉に、彩葉の母親のしたことを教えたかっただけなんでしょうね。

こういう話を本当にこの作者さんは描くのが上手いというか毎回すごいと思います。

そして出てきたのが彩葉と草摩は前に出会っていて、ケガをしたのが彩葉だということです。

つまりは階段から落ちてケガをしていたのは彩葉ということでしょうか?

志岐が彩葉に気にかけていたのはそういった理由からなのでしょうか?

あの志岐の笑顔はどこから来ているものなのかがわからなくない、そして彩葉はなぜここまで記憶がないのか、さらにさらになぜ母親はこれほどまでに彩葉のことを嫌っているのか、謎が謎を呼んでくる感じです。

正直のほほんと楽しい学園生活を送るだけの物語かと思っていたので、ちょっとこのシリアスは予想外でしたが面白いですね。

早く続きが読みたいです。

最後に

なぜ友達にいきなり拒絶されたのかを知った彩葉。
草摩の人たちと仲良くできて楽しい学園生活を送れていたのに、またどん底に突き落とされたような感じになります。

果たして彩葉は母親との問題を解決できるのでしょうか?

そして草摩と昔あった問題とはなんだったのでしょうか?

続きを楽しみにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    シロップさん、こんにちは。クロです。
    昨日もフルバナが更新されてましたね!連続更新はやはり嬉しくて、読み返してしまいます。
    お化け屋敷のシーンは透君を思い出させる彩葉ちゃんの怖がりっぷりでした(笑)
    前回は彩葉ちゃんの母親が裏でとんでもない事をしていて、彩葉ちゃんの心を容赦なく傷付ける姿に腹が立って仕方無かったです。
    ただ、小学校時代の同級生も現在の彩葉ちゃんが楽しそうで安心していたのはちょっとだけホッとしましたが、同級生の別れ際の切なそうな笑顔が逆に彩葉ちゃんには、楽しかった頃の記憶を蘇らせて痛いお話となりましたね。
    母親が彩葉ちゃんを嫌うのは何故でしょうか?理由はあると思いますが、彩葉ちゃんは乗り越えていけると思ってます!
    長くなりましたが、昨日の更新されたお話はす彩葉ちゃんの前向きに進む姿が拝めます(笑)
    シロップさんの感想をのんびり、楽しみに待ってます(*^^*)

  2. 匿名 より:

    シロップ, thanks so much for the post.Much thanks again. Really Cool.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。